目標設定の失敗

メニューお問い合わせはこちら

目標設定の失敗

目標設定の失敗

fs_08_01

サクラの花見を愉しんだのが、随分前に感じます。

そして、新緑が眩しくドライブに出かけたくなる、

私の好きなさわやかな季節になりました。

若葉がどんどんと成長し、自分にも何かが始まる予感。

そんなとこも好きな理由ですね。

 

今日は「目標設定」についてです。

生まれてこの方、目標を立てたことがない!

とうい方に会ったことはありません。

小さいころは、掛け算九九が○○までに覚えたい、とか、

部活動では、県大会で優勝する。とか、

大学は○○大学に入学する、などです。

 

人はみな、目標があると頑張れることは知っていますし、

大切なこともわかっています。

達成できた時の喜びも知っています。

 

しかし、求めるレベルが大きくなればなるほどその達成は極めて困難になります。

ギャップを目の当たりにし現実を見せつけられます。

そう・・このギャップです。

 

もしかして、こんな経験はありませんか?

自分が描いていたもの(達成したいこと)と、今の自分の実力とのギャップに悩んで、

もう放り出してしまおう・・

違う方向へ進もう!

 

それは悩みますよね。

苦しいですよね・・

 

「違う方向を進む」

私はこれも選択肢の一つだと思います。心からやりたい!と思えることであれば・・・の条件付きで。

もし、少しでも後悔や「逃げる」気持ちが入っているとしたら・・

最良の選択ではないかもしれません。

だって、また次に同じことが待っているのですから・・

同じ事というのは、また「逃げる」ということ。

これは習慣になっている可能性があるかもしれません。

 

では、どように目標を立てたらいいのか?

 

私が勝手に「ストレッチ目標」と名付けた方法があります。

高い目標過ぎてギャップに苦しみ、結局やめてしまうのは、ホントもったいないことです。

ここで問題なのは「ギャップ」ですよね!?

しかもギャップが「大きい」ってことですよね!?

 

つまり・・・

 

あなたが、少し頑張れば手に入る目標を設定する、ということです。

ちょっと手を伸ばせば届く、

手が届きそうで届かない・・

そこを目標に設定するのです。

いかにも「ストレッチ目標設定」!

 

頑張ってできたら、

また次の「手が届きそうで届かない目標」を立てる。

で、またそれが達成できたら次の手が届きそうで・・・

 

この繰り返しですね。

 

気が付くと・・

 

今の自分が・・・2年前の自分より数段成長していることを目の当たりにするでしょう。

あなたの存在は素晴らしい!!

 

これからも、読んで下さる方々に、

勇気と希望を送りたいと思っています。

 

「お互いを励ませる世界」

 

創っていきますね!

共感してくださる方、メッセージをお待ちしています。

sugata@global-action.info

 

では、また書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブック

Copyright(C) 2012-2017 人材育成専門 グローバルアクション

ページトップ