信頼を得る話し方

メニューお問い合わせはこちら

信頼を得る話し方

ビジネスでは「信頼」が大切になります。相手の信頼を得ることで、業務がスムーズに進行したり、商談がうまくいったりするでしょう。相手の信頼を得るには様々な要因が考えられますが、その中に「話し方」も挙げられます。ここではどのような話し方が、相手の信頼を得るのに有効であるのかご紹介します。

相手と目を合わせるようにする

相手と目を合わせるようにする 「目を合わせる」それは常識だと思っているでしょう。しかし、日々の忙しい業務の中、それを実際に実践している方がどれだけいるでしょう。話す時や話しを聴いている時、合間に目を合わせるようにしましょう。自分の考えを真剣に伝えようとする姿勢や、しっかり相手の話しを聴こうとしている姿勢を見せるようにします。ただ、あまり長い間見つめ過ぎたり、無表情で口角が下がっているような表情や、眉間にシワが寄っているような顔をしていたりしてはいけません。

見つめすぎると相手が威圧感を感じ、居心地が悪くなったり挑戦的な態度に感じたりしてしまうおそれがあります。また、無表情だったり眉間にシワが寄っていたりする表情は、相手に不快感を与えてしまうでしょう。相手の言うことに対して表情にもリアクションがあると、ちゃんと聴いているという姿勢が伝わるはずです。

目線を外すタイミングがわからないという方は、話すのが上手な方を観察するのもおすすめです。
目線を外す場合は横に外すのではなく、縦に外すようにすると良いでしょう。

考えてから返答する

相手から何か言われたことに対し、すぐに答えてしまわずに考えてから返答するようにします。その考える時間はほんの数秒で構いません。少し間をとることで相手がどのような返答を期待しているのか、どのような意図で聞いてきているのかを考えられます。考えてから答えることにより、返答の質は上がるでしょう。また相手にも、きちんと考えてから答えるようにしていることが伝わり、信頼を得ることに繋がります。

聴いている姿勢を見せる

相手が話すことに対し、相槌を打ったりリアクションをしたりして聴いている姿勢を見せることも大切です。
相手は自分の話しをしっかり聴いてもらえていると安心感がありますし、相槌やリアクションがあることで話しやすくなります。しっかりとコミュニケーションをとろうとしていることが伝われば、信頼を得ることに繋がるでしょう。

群馬県高崎市にあります当社では、信頼関係作りを基本にした、トーク法アプローチ法、アピール法などを使って、より早くより高い成果に繋がる人材教育研修を行っております。人材教育研修は、社員のスキルアップキャリアアップに繋がります。社員一人一人のモチベーションを高めることで、離職してしまう社員を減らすことも期待できます。

北関東エリアで人材教育研修をお考えの方、是非当社をご利用ください。北関東エリアだけでなく、都内をはじめ関東周辺での人材教育研修にも対応しておりますので、北関東エリア外の方もお気軽にお問い合わせください。

フェイスブック

Copyright(C) 2012-2017 人材育成専門 グローバルアクション

ページトップ