女性管理職が抱える悩み

メニューお問い合わせはこちら

女性管理職が抱える悩み

人材育成専門 グローバルアクション TOP  >  女性管理職が抱える悩み
女性管理職が抱える悩み

女性の社会進出が著しい現代では、女性管理職の活躍が目立っています。しかしその反面、女性管理職であるが故の悩みを抱えて、奮闘されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
こちらでは、女性管理職が抱えやすい悩みをご紹介します。

仕事の悩み

女性管理職が抱える悩みの一つに、責任の重圧があります。キャリアアップすると、一般社員の時よりも業績や職場環境、人材育成などへ意識を傾けることが多くなります。もちろん、仕事で成果を収めるのはやりがいに繋がりますが、日々のプレッシャーに押しつぶされそうになる方もいらっしゃいます。

そんな時には、一度自分を見つめ直してみてください。「期待されているから頑張らないと!」という想いがプレッシャーの根源となっている可能性もあります。客観的な視点で見ると、良いアイデアや方向性が浮かぶ場合も多いです。

職場の悩み

様々な問題を乗り切るためには、職場のチームワークが大切です。上司・同僚・部下の絆を深めて組織力を高めることが管理職には求められます。しかし、人間ですから性格や価値観、考え方などは十人十色です。

多種多様な社員同士がコミュニケーションを取って良好な人間関係を築いていくためには、女性の感性を活かして相手の気持ちを読み取りながらも、自分の意見をまっすぐに伝えるフラットな関係を築いてみてください。

家庭の悩み

女性管理職の方にとって、切っても切れないのが結婚・出産・育児などの家庭に関する悩みではないでしょうか。企業によっては育児支援の制度を導入しているところもありますが、まだまだ少ないのが現状です。
とくに子供の悩みは深刻で、管理職となると業務責任も大きいので長時間勤務となる場合も否めません。企業の支援体制を上手に活用する、実家や姉妹に頼る、旦那と支えあうなど、一人で抱え込まずに育児ができる環境を整えることが大切です。

コーチングセッションでは、このような悩みを抱えている方をサポートいたします。仕事・職場環境・家庭・育児・将来などの様々な悩み相談をコーチングセッションによって、解決への糸口をご提案いたします。
コーチングセッションの他にも、問題解決の一つである採用育成研修やセミナーなども開催しておりますので、是非そちらもご参加ください。

フェイスブック

Copyright(C) 2012-2017 人材育成専門 グローバルアクション

ページトップ